クチコミチェックの最近のブログ記事

家庭保育園 の特徴と口コミチェック

ビッテ式家庭保育園とは、乳幼児教育の1つです。脳科学の見地から開発された幼児教育で、とても会員数が多いです。なんと胎児の時期からコースはあります。ちなみに余談ですが、胎教コースの中にある出産時の呼吸方法『丹田呼吸法』は、私も娘を産んだ産科で週に1度学びました。これははっきり言ってかなり効果がありましたね。痛い時にはゆっくりと息を吐くというのは医療業界では有名な事のようですが、練習しないとなかなか難しいものでもあります。ではこの家庭保育園の特徴と口コミについて書いてみたいと思います。

特徴
まずこの教育法については・・・8歳で6ヶ国語を話し、14歳で哲学博士の学位を授与され、16歳でベルリン大学法学部教授に任命された、カール・ヴィッテという人物を育て上げた父親の教育法と、現代の脳科学を取り入れた教育法となります。家庭保育園はできるだけ0歳に近い時期から始めるようにと謳っています。胎児の頃から脳は発達が可能だという事です。家庭保育園は6歳までが対象で、できるだけ小さな頃から始める事を推奨しています。そして、現代においてDVDなどの教材はつきものと思われがちですが、家庭保育園ではTVを見る事も推奨していないのでDVDなどの教材がないのも特徴の1つです。そして何よりIQ130以上の英才児がかなり多く輩出されているという点です。しかし単にIQを上げるだけの教育ではなく、子供が楽しく脳を活性化させる教育だという事が一番重要です。

クチコミ
家庭保育園はクチコミ、評価が高いのも有名です。成績が良い子を育てるという為の教材ではないのですが、家庭保育園を利用していた子供は、自然と大きくなってから学校の成績が良い子が多いようです。家庭保育園を卒業(卒園?)した中学生や高校生ママさんたちも『やっていて良かった』と言う意見が多いです。子供が学ぶ事の楽しさを知った、いろいろなものに興味を示すようになったという声が多いですね。そして何より、アフターフォローがかなり力強く、電話によるカウンセリングや相談などがあり、教材を売ったら終わりという会社とは違うので安心です。

ベネッセの教材 の特徴と口コミチェック

『ベネッセ』ってよく耳にしますよね?教育に関する物が主体と思われがちですが、日々の生活用品、情報誌、介護まで幅広く手掛けている株式会社です。ちなみに有名なたまごクラブひよこクラブなどの雑誌もベネッセです。しかしやはり長い時間目にするとなると、幼児教育のジャンルではないでしょうか?ベネッセではたくさんの学習プログラムがあります。

ベネッセの教材の特徴 まずベネッセの教材の特徴ですが、月齢、学年別に細かく教材を分け、楽しみながら学べる教材が多いのが特徴です。『勉強勉強!』という印象は薄く、これなら子供も楽しんでやれそうだなという印象です。子供が大好きな任天堂DSを使って学べる学習ソフトもある程です。そして入会時のプレゼントや毎月の付録も子供にとっては本当に魅力的です。昔から知られているだけあって、利用者が多いのも特徴の1つですね。そして選択できるコースや学習内容が多いのも特徴的です。サイトを見ていると様々な学習プログラムがあり、いろいろ受けさせたり利用したくなったりします。

ベネッセの教材口コミ ベネッセの教材は、生後6ヶ月から社会人向けまで幅広いので、口コミと言っても一概には言えないのですが、全体的に楽しんでやれているという意見が多いようです。(特に小さな子供)教材が届くのを楽しみにしていたり、赤ペン先生からのお返事が楽しみという子も。そしてやはり玩具や電子教材が楽しいという意見も多いですね。そこは子供の心を掴んでいるなぁと感じました。その子の月齢、年齢の時期に興味のある教材や玩具が届くのが良いですね。

小さなお子さんをお持ちの親御さんなら1度は目にしたことのある『こどもちゃれんじ』。ご自宅に資料が届いているお宅も多いのではないでしょうか?そんなこどもちゃれんじの特徴と口コミについて書いてみたいと思います。

こどもちゃれんじの特徴
まずこどもちゃれんじの特徴です。こどもちゃれんじは、生後6ヶ月から未就学児までが利用するプログラムです。内容については知っている方も多いかもしれませんが、月齢に合わせた玩具や教材が届くと言うものです。入会していなくても、一度どこかで住所などを記入すると、定期的に無料の資料が届きます。届く資料の中には、無料の付録がついており、ある時にはDVDまで入っていました。それだけでも十分遊べてしまう程です。そして親御さんが読む漫画が入っているのも特徴ですね。あの漫画を読むと入会したくなってしまうものです。入会後に届く玩具や教材は、専門家がその子の月齢、年齢に合わせたものをしっかり吟味、企画、分析し、作り上げたものです。おもちゃ屋さんで親が選んで買い与えるおもちゃよりも、子供の心を掴み、脳の発達や日々の生活に役立つでしょう。

こどもちゃれんじの口コミ
とにかく受講率が高いです。3,4人に1人は利用しているようですね。料金が安くて利用しやすいという口コミが多いです。確かに他の幼児向けプログラムに比べると随分安いのですが、内容はかなり充実しています。こどもちゃれんじをしていたおかげではみがきやトイレがスムーズにできるようになったというクチコミや、できる事が増えた、余計なおもちゃを買う必要がなくなった等のクチコミも多く見られます。実際私の友人も利用していますが、子供は楽しそうに遊んでいるよという意見が多かったです。

通信教育として昔から有名な『進研ゼミ』。私も実はやっていました。送られてくる資料の漫画を読むと、ついついやる気になってしまうんですよね。ここでは進研ゼミの特徴と評判、口コミについて書いてみたいと思います。

進研ゼミの特徴
まず進研ゼミには皆さん1度は聞いたことのあるであろう『赤ペン先生』という担任の先生が全ての講座の生徒につきます。小学講座では基本的に1年間は同じ先生で、赤ペン先生からの返事を楽しみに学習するという子も少なくないです。ただ勉強をやって終わり、ではなく、先生の返事があるという事は大きなやりがいになるでしょう。また、ただ単に学習用の教材を送るのではなく、『子供が学習に興味を持つ』ような教材を考えています。ですから問題を解けば良いだけではなく、学習の基本である『勉強を好きになる』という事もしっかり考えられているのが心強いです。

進研ゼミの口コミ
まず通信教育全てにあてはまると思うのですが、子供自身のやる気がないと全く身に付かないですね。ただし、やる気があって自己管理のできる子は確実に力をつける事ができるようです。某有名大学に合格した子もいるようですしね。教材も楽しく取り組めるものが多いようです。また、教材にキャラクターが出現する事が多いのも特徴で、それで気が散る子と、楽しくてやる気になる子に分かれるようですね。あと多く聞かれたのは、小学校高学年、又は中学校からは学習のレベルが少し落ちている(他の通信教育の方が高い?)という意見です。基礎を固めるのには適していると思いますが、将来を見据えて、その頃になったら一度教材を考え直すという事も必要かもしれませんね。

学研は通信教育以外にさまざまな学習講座があります。一般の家庭で、子育て・指導経験豊富な指導者が勉強を教えてくれる塾のような学研教室もあります。また、中学生からはレベルの高い学習ができるZ会と、学研教室がコラボした特別教室も出てきます。昔から知名度のある『学研』、特徴と口コミを調べてみました。

学研の特徴
まず0歳~未就学児までについては、幼児教室や教材販売、本などの販売が主になります。種類が豊富でいくつも試してみたくなるほどです。学研教室は4歳から利用できますが、学研幼児教室は2歳から利用できます。また、小学校低学年に入ると通信講座が受講できるようになります。また、中学校1年生からはネット学研教室というものも受講でき、自分の好きな時にオンライン学習をする事ができます。この他にも本当に多くの学習講座が揃っているのが学研の特徴です。学研は(学年)という区分けは使わず、できる子はどんどん学習内容を変更していくという制度なので、ぜひお子さんに合った講座を選んであげてくださいね。

学研の口コミ
通信講座の添削者の指導が丁寧で、文章の理解能力が上がるという意見が多いです。文章の理解能力は、全ての教科において必要な事ですから、勉強の基礎となります。また、受講コースが学年で決められていない為、どんどん上へ進めるのも良いようで、やれる子はどんどん伸びます。通信講座では親がサポートしながら進めてあげる事が大切です。また、途中から学研(教室)へ通う事ができるのも利点です。余談ですが、進研ゼミ同様、昔からあり、保護者にも親しみがあるのも人気のポイントのようです。

家庭学習専門のポピー。進研ゼミや学研と同様に知名度が高いです。HPで『いちばんの先生は家庭にいます』とうたっているように、保護者と一緒に勉強を進めていくシステムを推しているようです。では、ポピーの特徴と口コミのいくつか書いてみたいと思います。

ポピーの特徴
まずポピーは『幼児ポピー』『小学ポピー』『中学ポピー』の3種類から成り立っています。幼児ポピーは2,3歳から受講ができます。学齢に合わせて自然にゆるやかに心と体の成長を促します。また、小学ポピーは学校の教科書とリンクしていますので、学校で習った事を復習するのに適しています。また、褒めてやる気を伸ばしてくれるのも嬉しいポイントです。中学ポピーについても教科書とリンクしているので、学校の授業をしっかり復習するのに最適です。上を目指す事は良い事ですが、その前に基礎となる土台をしっかり作る事が大切ですからね。

ポピーの口コミ
まず古くからある会社で、おばあちゃん世代も知っているので安心できるという点があげられています。そして価格面です。幼児ポピーはなんと月額900円、中学3年生の最高価格でも4,400円というリーズナブルな価格が人気です。子供のやる気さえあれば、基礎学力UPには最適な教材だと思います。また、親と一緒に勉強するという事で、親と子のコミュニケーションが取れるのもポイントのようです。子供に学習させるには親が寝転んでTVを見ていてはダメと言いますよね?それには最適の教材ではないでしょうか。受講してみたい通信講座の1つです。

『はつらつパル』。NHKの人気アニメ、忍たま乱太郎がキャラクターとなっている通信講座です。小学校専門の講座かなと思いきや、幼児コース、中学コースもあります。昭和25年から小中学生の学習教材を発行してきた【日本標準】。過去にはあの有名な鉄腕アトムをキャラクターとしていた時期も。何より子供たちが勉強を好きになる事を経営理念としているのが心強いです。

はつらつぱるの特徴
はつらつぱるを発行している【日本標準】は、小学生の学校教材を編集・発行している会社だそうで、テストやドリルには一番多く利用されているそうです。ですから教科書に適応した教材が届くのが一番心強いですね。基礎を固めるには1番重要じゃないでしょうか。また、通信添削は希望者のみ別料金で、大きな花まるをつけてくれたり、子供の名前を呼び掛けてくれたり、可愛くわかりやすく添削してくれるのも特徴です。また、ポピー同様に価格がリーズナブルなのも嬉しいですね。また、付属のCD-ROMで学力診断が行われるのも特徴です。

はつらつぱるの口コミ
はつらつぱるは教科書を開いて学習を進める方法なので、人によっては面倒と感じる子もいるかもしれませんが、家へ帰っても教科書を開く事が大切という点では良い方法だと思います。なので、教科書を学校に忘れてくると学習できないので要注意です。ポピー同様、中学受験などには不向きですが、勉強の基礎となる土台づくりにはかなり良い教材だと思います。学校での復習に最適です。添削が希望者のみなので、親がどうしてもできない時などに利用できるのが嬉しいという意見も。ポピーと比較される事が多いですが、CD-ROM教材ははつらつパルにしかなく、人気のポイントです。

七田式はっぴぃタイム、恥ずかしながら私もつい最近まで知りませんでした。この幼児教育システムは、教育学博士である七田眞先生が作り上げた小さな子供に効果的な教育です。勉強を教えるというものではなく、将来勉強に必要である脳を小さい時から活性化させるというもの。右脳を中心に開発していくようです。

七田式,はっぴぃタイムの特徴
七田式の特徴として、先程も書いたように、右脳を活性化させるというポイントがあります。右脳は【絶対音感】【イメージ力】【瞬間記憶力】【インスピレーション力】【高速計算力】などの力を持っています。この力を活性化させる事により、子供の能力を伸ばすという事です。七田式もう1つの特徴といえば『フラッシュ』を使った学習法です。フラッシュは1枚のカードを1秒以下の速度でパッパッと見せていく方法で、高速でなおかつ大量の情報処理が必要な為、左脳だけでは処理能力が足りず、右脳も使いださせるというものです。

七田式,はっぴぃタイムの口コミ
正直最初にDVDを見た時は、こんなので大丈夫なのかな?と不安な気持ちになったお母さん方も多いようです。それでも子供は楽しそうに取り組んでいるケースが多く、最終的に親子で楽しんで取り組んでいる方が多いようです。脳の活性化にはコレ!というくらい有名な『フラッシュ法』といえば七田式というくらいフラッシュ学習には信頼がおけるところもポイントです。ただし、右脳の活性化はできるだけ月齢が低い頃から始めるのが良いとされており、(0歳~3歳くらい)あまりに早期からの教育という事で賛否両論あるのも事実です。

お母さん世代が子供の頃から有名なKUMON『くもん』。今流れているTVCMも頭に残るもので、認知度はとても高いです。受講も0歳から社会人までと幅広く、何歳になっても、何歳からでも学習する事ができます。

公文[くもん]KUMONの特徴
くもんは教室に通う方法と通信講座で学ぶ方法があります。教室内ではさまざまな年齢、学年の子供たちが勉強しており、学年別にクラス分けなどはありません。その子その子に合わせた学習をというところをモットーとしているので、自分のペースで学習できるのが良いようです。そして日々宿題が出され、学習に対する抵抗をなくす、家庭学習の大切さも身につける事ができるようです。通信講座の教材は教室で利用するものと同じで、提出は毎月1回で、担当指導者が添削し、コメントやアドバイスをくれます。

公文[くもん]KUMONの口コミ
とにかく受講率が高いです。進研ゼミや学研に並んで利用者数が多いのではないでしょうか?くもんをやっていた子は算数に強いという口コミをよく見かけます。計算が早くできるようになったそうです。そして大事なのはやはり教室へ通う場合は指導者の力量が大切というところのようです。たまに無料体験学習を開いているようなので、まずはそちらを利用されるべきだと思います。繰り返しの学習で自信がついたという意見もあり、子供の基礎的な部分を育てるには良いのではないでしょうか。ただし、くもんは小学生までという意見が多く、中学に入ったら塾に切り替えるというお母さん方が多いですね。

ドーマン式 の特徴と口コミチェック

『ドーマン式』、恥ずかしながら私はついこないだまで知らなかった教育法です。子供の高度な教育としてはかなり有名なもので、子供の脳の発達を研究しているグレン・ドーマン博士という方が考えだした教育法です。この教育法、元は脳に障害を持つ子供の為に作られたものでしたが、今では脳に障害のない子供の教育法として広く知られるようになりました。

ドーマン式の特徴
ドーマン式といえば他の教育法でもよく利用されている(ドッツカード)でしょう。ドッツカードはグレン・ドーマン博士が考えだしたカードなんですね。ドッツカードはカードに点が書かれているもので、【数】というものを視覚で認識させるものです。ここでは普段私たちが計算する時に使う左脳ではなく、右脳を利用します。また、ドーマン研究所ではいくつもの著書やDVDなどを販売しています。ドッツカードの有効利用法や、その他ドーマン式の教育概念を知るにはもってこいです。また、運動用具も販売しています。今の子供の教育法で常に囁かれている『脳は小さいうちに活性化する』という事を最初に考えた教育法であると言えます。

ドーマン式の口コミ
勉強を学ばせるわけではなく、絵やカードを見て子供の脳を活性化させるものなので、子供も楽しそうに学べるという意見が多いようです。そして、ドーマン法の教えとして、子供が嫌がったらやめる、親子共に調子・機嫌の良い時に行うという点があるので、『やらなくてはいけない、教えなくてはいけない!』というしがらみがなく、楽しくできるというのも良いようです。ただし、ドッツカードなどはドーマン法の公式サイトで購入すると少々高額のようなので、中古購入や手作りする人も多いようです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちクチコミチェックカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは無料サンプルDVDです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...