公文[くもん]KUMON(幼児、小学生、中学生、高校生、大学生、社会人)の特徴と口コミチェック

お母さん世代が子供の頃から有名なKUMON『くもん』。今流れているTVCMも頭に残るもので、認知度はとても高いです。受講も0歳から社会人までと幅広く、何歳になっても、何歳からでも学習する事ができます。

公文[くもん]KUMONの特徴
くもんは教室に通う方法と通信講座で学ぶ方法があります。教室内ではさまざまな年齢、学年の子供たちが勉強しており、学年別にクラス分けなどはありません。その子その子に合わせた学習をというところをモットーとしているので、自分のペースで学習できるのが良いようです。そして日々宿題が出され、学習に対する抵抗をなくす、家庭学習の大切さも身につける事ができるようです。通信講座の教材は教室で利用するものと同じで、提出は毎月1回で、担当指導者が添削し、コメントやアドバイスをくれます。

公文[くもん]KUMONの口コミ
とにかく受講率が高いです。進研ゼミや学研に並んで利用者数が多いのではないでしょうか?くもんをやっていた子は算数に強いという口コミをよく見かけます。計算が早くできるようになったそうです。そして大事なのはやはり教室へ通う場合は指導者の力量が大切というところのようです。たまに無料体験学習を開いているようなので、まずはそちらを利用されるべきだと思います。繰り返しの学習で自信がついたという意見もあり、子供の基礎的な部分を育てるには良いのではないでしょうか。ただし、くもんは小学生までという意見が多く、中学に入ったら塾に切り替えるというお母さん方が多いですね。

このブログ記事について

このページは、管理人が2012年6月20日 10:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「七田式,はっぴぃタイム(幼児、小学生)の特徴と口コミチェック」です。

次のブログ記事は「ドーマン式 の特徴と口コミチェック」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。