進研ゼミ(小学生、中学生、高校生)の特徴と口コミチェック

通信教育として昔から有名な『進研ゼミ』。私も実はやっていました。送られてくる資料の漫画を読むと、ついついやる気になってしまうんですよね。ここでは進研ゼミの特徴と評判、口コミについて書いてみたいと思います。

進研ゼミの特徴
まず進研ゼミには皆さん1度は聞いたことのあるであろう『赤ペン先生』という担任の先生が全ての講座の生徒につきます。小学講座では基本的に1年間は同じ先生で、赤ペン先生からの返事を楽しみに学習するという子も少なくないです。ただ勉強をやって終わり、ではなく、先生の返事があるという事は大きなやりがいになるでしょう。また、ただ単に学習用の教材を送るのではなく、『子供が学習に興味を持つ』ような教材を考えています。ですから問題を解けば良いだけではなく、学習の基本である『勉強を好きになる』という事もしっかり考えられているのが心強いです。

進研ゼミの口コミ
まず通信教育全てにあてはまると思うのですが、子供自身のやる気がないと全く身に付かないですね。ただし、やる気があって自己管理のできる子は確実に力をつける事ができるようです。某有名大学に合格した子もいるようですしね。教材も楽しく取り組めるものが多いようです。また、教材にキャラクターが出現する事が多いのも特徴で、それで気が散る子と、楽しくてやる気になる子に分かれるようですね。あと多く聞かれたのは、小学校高学年、又は中学校からは学習のレベルが少し落ちている(他の通信教育の方が高い?)という意見です。基礎を固めるのには適していると思いますが、将来を見据えて、その頃になったら一度教材を考え直すという事も必要かもしれませんね。

このブログ記事について

このページは、管理人が2012年2月26日 10:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「しまじろうのこどもちゃれんじ の特徴と口コミチェック」です。

次のブログ記事は「学研(幼児、小学生、中学生)の特徴と口コミチェック」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。